一人旅行も楽しむ中坊進二

旅行が好きな中坊進二。
友人と行くだけでなく、一人旅行にも行っています。
中坊進二は一人旅行を楽しんでいます。
どうしたら一人旅行を楽しめるのか?その秘訣を聞きました。

一人旅行の際は、目的をはっきりさせるのがいいそうです。
中坊進二曰く、例えば京都ならどこどこのお寺を回るなど
目的地などをはっきりさせるといいそうです。
自分が行ってみたい場所をチョイスすることで、
旅にメリハリが出来ていいそうです。

次に宿選びです。基本的にはどこに泊まっても問題はないそうです。
寂しくなる一人旅行だからこそ、
普通のホテルだけでなくユースホテルのような
旅をしている人が集まるような場所を
チョイスするのがいいとのことでした。
中坊進二もそういったホテルに泊まり、
同じような境遇の方と仲良くなって飲みに行ったりもしたそうです。
人と出会ったら、いつもよりも少し積極的に話しかけるのも
一人旅行の楽しみ方なんだそうです。

食事の際は、お店のチョイスにも気を遣った方がいいと
中坊進二から聞きました。
回りに誰がいても気にしない!と思うなら問題ないそうです。
けれどカップルがいたら…と思う方は、
そういうお店を避けるなどもした方が
一人旅行でストレスを溜めないとのこと。
カウンターや個室があるかの確認もしておくといいそうです。

そして何よりも一人旅行で大事なことは、
自分がしたいと思ったことを
思いっきり楽しむことだと中坊進二は語っていました。
気兼ねする相手がいないので、
行き先も食事も自分の興味を優先すればいい。
メジャーなところを避けてもいい、
自分のしたいことを楽しむ気概が大事なんだそうです。

中坊進二に教わった楽しみ方なら、
一人旅行も楽しくなりそうですね。
今度のまとまった休みの日に、
一人旅行に行ってみたいと思うようになりました。



中坊進二は最近の複合機を便利だと感じている

中坊進二が働いているオフィスには複合機が3つ置いてあります。
だいたい50人くらいがワンフロアで働いており、
それぞれの部署がその3つの複合機を使っています。
中坊進二も時々、印刷しています。

最近の複合機はかなり性能が良いです。
複合機の名に恥じぬ、多機能ぶりの活躍をしています。
パソコンから印刷するだけでなく、
コピーやファックスも可能です。
カラーでコピーできる点も評価できます。
昔の印刷物は白黒のみで、
印刷自体もかなり荒くて、遅かったです。
今の複合機は、カラフル、精密、早いと三拍子揃っています。
そして特に良いのは、
パソコンからワンクリックで操作できる点です。
昔はUSBにデータを入れて、
それをプリンターに持って行って印刷していました。
有線ですが、ネットワークが繋がっている
複合機というものは大変便利で良いですよね。

中坊進二のオフィスには導入されていませんが、
オンラインに対応している複合機もあるそうです。
その複合機を利用したデータを、
外部に居ても把握することが可能になります。
例えば、外回りに営業しに行った人が居たとします。
オフィスにある複合機に、
ファックス機能で重要な指示書が届いたとします。
そうした情報もオンラインで共有できれば、
スマホとかを使って把握することが出来るのです。
逆に、外部から操作して、
Eメールを送る感覚で印刷させることも可能です。
中坊進二の事業部にはそこまで機能は不要ですが、
場合によってはそうした機能を使う業種もあると思います。

こうしたオフィスにある複合機は基本的にリースです。
購入するのも良いですが、リースにすれば費用を節約できます。
また、点検や補修、
トナー調達などもそのリース代に含まれていることが多く、
複合機をリースにて頼む企業は非常に多いと思います。
それに、こうした機械は10年以上使わないものです。
10年もあれば性能的にもっと良いものが登場しますので、
そのたびに買い替えるのはかなりコストが掛かります。
オフィスで使う設備は、
ほとんどリースだと中坊進二は思っています。